スタッフ紹介

とは言っても顔出しはさすがにNGでしたので、当スタッフの職種を紹介します。多方面で活躍できるスタッフが揃っています。いつかこの資格を生かした事業を展開する!これがみんなの目標です


薬剤師

国家試験を受けることで薬の専門家としての資格を有することが出来ます。それまでには薬学部で6年間も学習と訓練を受け学部を卒業した後に国家試験を受けることが可能になります。そして国家試験に受からなければ薬剤師にはなれません。
薬剤師の資格は、さまざまな分野で活躍します。病院で調剤業務や病棟業務、薬局での調剤業務や在宅訪問指導、新薬を開発する製薬メーカーや研究所施設、そしてオリンピックや国際大会で活躍するドーピングの検査に保健所の監視指導や試験検査、教育現場や政治家だっています。

そしてこれからの薬剤師はもっと様々な分野で健康にかかわる役割を持つべきだと思います。当薬局ではこれから新たな取り組みに挑戦し実践するための準備を始めています。

医療事務

調剤薬局での医療事務は大きく分けると診療報酬請求事務と調剤補助が主に行なう業務になります。請求事務には医療に関する専門の知識が必要であったり、調剤補助を行なうにもそれなりの経験を積む必要になるため、他の一般企業の事務とは少し違いがあるかもしれません。医療事務を行なうための専門学校が存在するのもそのためです。
しかし医療事務の仕事はそれだけではなく、受付や処方箋入力作業や会計、配達に清掃・・・etcと患者さんと病院、または患者さんと薬剤師の橋渡し的な作業を沢山行なっているのです。

登録販売者

登録販売者とは、薬局やドラッグストアなどで一般用医薬品(かぜ薬や鎮痛剤など)の販売ができる医薬品販売専門資格です。 一定の実務経験等のある人が都道府県知事の行う試験に合格すると資格が与えられます。薬剤師との大きな違いは、「処方箋に基づく薬の調剤」と「第1類医薬品が販売」が出来ません。しかし病院に受診しなくても市販できる適切な薬剤を選び、皆さんの健康を守るとても重要な役割を果たす職種なんです。

平成25年10月現在で、当薬局の登録販売者は2名在籍しています。いずれも現在の仕事をしながら勉強し試験に合格をしました。

公認スポーツファーマシスト

公認スポーツファーマシストは薬に関する正確な情報と知識をスポーツの世界で役立たせるため、競技者や愛好家に対して、薬に関する正しい知識の普及・啓発を行い、 薬を正しく使うことでスポーツにおけるドーピングの防止をすることを主な活動とします。
当薬局もドーピングを防止するための有資格者が在籍します。お気軽にご相談ください。

ウェルネスファーマシスト

地域で活動する薬 剤師の役割は、調剤や薬の相談だけではなく国民の健康を守るために生活習慣病を改善し健康寿命を延伸する重要な役割があります。健康寿命の延伸には健康な うちから適度な運動を続けることが良いとされています。薬剤師の健康における知識を適切な運動に結びつけるためにこの制度が誕生しました。

健康増進に関わる薬剤師は、薬の知識だけでなく健康のゲートキーパーとしての役割を果たす必要があります。メタボリックシンドロームの予防や高齢者の寝たきりの予防にも運動は効果的であることが実証されています。安全に運動を勧めるためには正しい知識が必要なんです。
当局には健康増進を推奨するための専門資格を有する者がいます。どうぞお気軽にご相談ください。

認定薬剤師

薬剤師は、時代に即応した医療需要と社会的要請に応え、薬剤師として必要な責務を全うするために、生涯にわたって研修等による自己研鑽に努めなければなりません。その研修実績の保証の1つとして認定証があります。

 これは全職域の薬剤師が自らの責任で、薬剤師免許を持つにふさわしい資質を維持するための生涯研修を履修し、その成果を客観的に認定されるものです。

健康管理士

健康管理の正しい知識を身に付け、心と体の両面から総合的な健康管理の指導やアドバイスを行います。

高齢社会と真剣に向き合うには欠かせない「予防医学」の知識を身に付け、「食育」「介護予防」にも通じている資格です。医療関係、福祉関係、学校関係、一般企業など、あらゆる場所で健康指導をいたします。

 生活習慣病は日常の不適切な生活習慣の積み重ねによって引き起こされる病気です。

そのため、日々の生活習慣を見直し、改善する事による「予防医療」に注目が集まっています。

「健康管理士一般指導員」は、生活習慣病の原因やメカニズム、それを予防するためのメンタルヘルス、栄養、運動、環境などについて、幅広く学習し、健康管理の正しい知識を身に付け、その知識を活かし、未然に病気を防ぐ環境づくり、肉体づくり、生活づくりの指導やアドバイスを行なったり、健康に保持、増進のための正しい知識を普及し、医師とは異なった観点からたくさんの人々の健康を守るお手伝いをいたします。

その他の資格

食品衛生責任者、障害者スポーツ指導員、幼少年体育指導員、情報処理検定、電卓能力検定、販売士、ビジネス能力検定、医療秘書技能検定、硬筆書写技能検定、簿記能力検定、ベビーシッター、介護福祉士、レクレーションインストラクター、社会福祉主事、古物商許可、裏千家茶道准教授、ホームヘルパー、図書館書士、スポーツリーダーなどなど